みすてり・むじか

記事一覧(67)

【お仕事系】AMT車1年…

※画像はありません 乗務の片腕となるいすゞ・エルガのAMTがウチの営業所で運行を開始してから1年が経ちました。 いろいろ個体差のバラ付きが目立つんですが、時期的に冷房を使っていないのと、空気が冷え込んでいるのもあると思いますが、当初より「よく走る」ようになりました。 ギアチェンジの速度もほぼ全車、飛躍的に短くなり、先代エルガの6速マニュアル車と遜色ないパフォーマンスになったように感じます。  早いウチから僕はマニュアルモードで乗務するようになり、「操る楽しみ」を満喫させてもらってます。 マニュアルモード用のシフトポジションは、少数派?の、「奥が+、手前が-」の配置。多くのクルマは逆が多いですが、以前所有していたシトロエンC2の「センソドライブ」はまさにこの配置(ステアリングにもシフトスイッチがありましたが)で、全く違和感なく馴染めました。 「加速すればGがかかるからシフトアップは手前に倒すが普通でしょ」の考え方もありますが、僕は、 「速度上げろ!前進前進!前へ倒せ!」というわけで、基本的に「シフトアップが奥」派なんです。 もっとも、たまに代車でお借りした先代ルーテシアなど「手前が+」車にも、特に拒否反応示さず「操って」ますが…。  エルガの話に戻りますが、マニュアルモードにおいて理にかなっていないギア選択は「拒否られる」ので、キチッとした速度感覚も試されます。  個人的にはメチャ楽しませてもらってますが、こんな「変わり者乗務員」他にいますでしょうか。個人的には「操る領域」が残されていてホッとしていますが、世の中、AMT版よりアリソン版に軍配ですもんね。AMT派の運転手さん連絡下さい(本名か別SNSのアカウントご存知の方しかコンタクトできませんが…)。